チャンピックス(バレニクリン)通販

バレニクリンによる禁煙外来治療は保険が適用されます

バレニクリン(チャンピックス)で禁煙した前例は芸能人などにも多く、始めてみようと考えている方も多いと思います。
その中で保険が適用されるのかどうかを心配されている方も多いのではないでしょうか?
禁煙治療では健康保険が適用されます。
以前は禁煙にかかる費用は全て保険の対象外であり患者に大きな負担がかかってしまう治療でしたが、2006年より一定の基準を満たす場合において保険適用が認められました。
しかし、過去1年以内に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方は前回の初回診察日から1年を経過してない場合は自由診療(全額自己負担)となります。

保険が適用される一定の基準には次のようなものがあります。

  1. 患者本人が禁煙を強く望んでいること
  2. 煙草を吸い始めてから今日に至るまでの喫煙年数と1日の喫煙本数を掛けた数が200以上であること
  3. ニコチンへの依存を診断するテストを受け、5点以上の結果が出ること
  4. 禁煙治療に関する治療内容などに文書で同意すること

ただしこれら一定の基準を満たしている方でも、保険適用期間である12週間を超えて治療を受ける場合、その超えた範囲の費用については全額自己負担となります。

バレニクリンの薬価は決して高くはない

ニコチンガムやニコチンパッチよりも高く敷居が高いと思われているバレニクリン(チャンピックス)ですが、果たして本当にそうでしょうか?
ネットの掲示板や口コミでバレニクリンでの禁煙成功者の割合とニコチンガム・パッチによる禁煙成功者の割合だけを見ても、決してバレニクリンを購入することが損ではないことがわかると思います。
また、保険が適用されている禁煙治療を受けている方の場合、処方される薬にもよりますが薬価は2~3ヶ月で約13,000~20,000円程度です。
もしあなたが1日に420円の煙草を1箱吸うのであれば、同じ2~3ヶ月の間にかかる煙草代は約25,000~38,000円にもなります。
高くても20,000円程度で済み、その後ずっと月々40,000円近くのお金が浮くとしたらどうでしょうか?
バレニクリン(チャンピックス)の薬価は決して高くはなく、普段あなたが吸っている、そしてこれからもずっと吸っていく煙草の方が実は高額なのです。