チャンピックス(バレニクリン)通販

ニコチン酸アミドの効果について

ニコチン酸アミドとはビタミンB群の一種で「ナイアシンアミド」または「ビタミンB3」とも呼ばれています。
煙草の葉に含まれているニコチンと化学的な構造が似ているため「ニコチン酸」「ニコチン酸アミド」と名付けられましたが、ニコチンとは作用は異なります。

ニコチン酸は糖質・脂質をエネルギーに変換する補酵素としての役割を担っています。
この働きはビタンB2と同じですが、ニコチン酸はビタミンB2より多くの酵素との関係を持っています。
そのため必要な量も多くなり、体の中で必要なエネルギーの60~70%がこのニコチン酸の働きによるものだと言われています。

ニコチン酸は皮膚や粘膜の代謝に関係しているため、それらを正常に保つ作用があります。
また、血行をよくする作用があり、冷え性の改善や頭痛・肩こりを和らげる効果も期待できます。
ニコチン酸が極端に不足している状態が続いた場合、ペラグラという皮膚炎を発症することがあります。

ニコチンのイトミミズ実験とは

学生の頃に教科書などで元気なミミズとニコチンの作用によって変化したミミズの比較写真を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
ニコチンのイトミミズ実験とは、ニコチンの作用により血管にどのような影響があるか知るため、イトミミズを用いて行う実験のことを言います。
何故イトミミズなのかは、イトミミズの体が環状の生物であるため、人間の血管に非常によく似ているからです。

実験の内容は、ミミズが入っているシャーレに煙草の成分を溶かした液体を注ぎ、その変化を観察するものです。
液体がシャーレの中に広がっていくとミミズはニコチンの作用によって体全体が収縮して細長くなります。
その長さは約3倍程度にもなり、ミミズは激しくもがきだします。
これを人間の血管に見立てると、ミミズと同じでニコチンの作用により血管が収縮して細長く伸びてしまい、血流が悪くなると言えます。

この実験は主に小学生くらいの子供に対して行われることが多いようです。
実験の終わり頃に「放っておけばミミズは死んでしまう」ということを印象付けることにより、まだ幼い段階で煙草の影響を知ってもらうことを目的とした実験とも言えます。